転職サービスの「DODA(デューダ)」が発表した「転職成功者の年齢調査」結果によると、2017年下半期に転職した人の平均年齢は32.1歳で、前回(2017年上半期)と同じ結果になった。調査を開始した10年前の2007年下半期のデータと比較すると、転職年齢は29.1歳から3.0歳上昇している。調査は、2007年7月〜2017年12月の期間に同サービスを利用して転職したビジネスパーソン15万人の“転職年齢”を分析したもの。

 転職成功者を男女別にみると、男性の転職年齢は平均32.7歳で前回比▲0.1歳、過去10年では3.1歳上昇、女性は前回と同じ29.7歳で、過去10年では2.1歳上昇している。転職者の年齢の内訳をみると、最も割合が高いのは「25〜29歳」の38.1%、次いで「30〜34歳」の23.8%が続く。10年前との比較では、「24歳以下」、「25〜29歳以下」、「30〜34歳以下」の割合はそれぞれ2.0ポイント、10.3ポイント、5.3ポイントずつ下がった。

 反対に、「35〜39歳」の割合は8.0%から13.1%へと5.1ポイント上がり、「40歳以上」は2.9%から15.5%へと12.6ポイント上がっている。転職者の人数そのものは、全ての年代で10年前を上回っているが、中でも35歳以上のミドル層で転職をする人たちが増加している。この背景には、「採用ターゲットの変化」、「人事制度の変化」、「働き方の変化」という3つの変化が大きく関係しているとみられている。

 若手からミドルの募集まで求人のバリエーションは増え、仕事の選択肢が広がり続けてきたことで、年齢を理由に転職を思いとどまる必要はなくなっている。また、定年退職の年齢引上げなどもあり、個人が仕事に向き合う期間が長くなっているからこそ、希望に合った働き方をかなえるためにも、今のうちから、未来を見据えて自律的にキャリアを選び取っていくことが求められる。

 なお、職種別の調査では、2007年下半期と比べて、10職種全てで転職年齢が上昇している。特に「技術系(建築/土木)」(35.7歳)、「技術系(電気/機械)」(33.1歳)、「事務・アシスタント系」(30.5歳)、「企画・管理系」(35.0歳)、「専門職系」(34.1歳)の5つの職種の年齢は、それぞれ3.5歳、3.7歳、3.9歳、4.9歳、5.6歳ずつ上昇しており、全体平均のプラス3.0歳を大きく上回っている。

 同調査結果は↓
https://www.persol-career.co.jp/pressroom/news/research/2018/20180206_01/