観光庁が2月28日に公表した「宿泊旅行統計調査(2017年・年間値(速報値))」結果によると、昨年1年間に日本に宿泊した外国人の延べ人数は、前年比12.4%増の7800万人で調査開始以来の最高値を6年連続で更新したことが分かった。三大都市圏と地方部で外国人延べ宿泊者数の対前年比を比較すると、三大都市圏で+10.2%、地方部で+15.8%と、地方部の伸びが三大都市圏の伸びを上回っている。

 この結果、地方部のシェアが40.9%と調査開始以来初めて4割を上回った。都道府県別の外国人延べ宿泊者数をみると、「東京都」が1903万人で最も多く、次いで「大阪府」(1171万人)、「北海道」(743万人)、「京都府」(559万人)、「沖縄県」(460万に)と続き、上位5都道府県は、前年と同一。伸び率では、「青森県」が+60.3%で最も高く、次いで「大分県」(+59.3%)、「佐賀県」(+51.9%)の順となっている。

 国籍(出身地)別の外国人延べ宿泊者数では、1位が「中国」の1732万人(構成比24.1%)、2位が「台湾」1124万人(同15.7%)、3位が「韓国」1093万人(同15.2%)、4位が「香港」619万人(同8.6%)、5位が「アメリカ」479万人(同6.7%)で、上位5ヵ国・地域で全体の70%を超えた。伸び率でみると、「韓国」(前年比+41.2%) 、「ロシア」(同+35.2%) 、「インドネシア」(同+25.7%)などが大幅に拡大した。

 国籍(出身地)別、都道府県別に外国人延べ宿泊者数の構成比をみると、「韓国」と「香港」は、2017年は「大阪」への宿泊が各21%、20%でトップ。アジアの国々(中国、香港、台湾、シンガポール、タイ、マレーシア等)は、東京・大阪以外では、北海道に宿泊するケースが、欧米の国々(アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア等)は、東京に次いで京都に宿泊するケースがそれぞれ多くみられる。

 なお、2017年の日本人の延べ宿泊者数は4億2019万人(前年比▲0.7%)で 外国人延べ宿泊者数7800万人(同+12.4%)を加えると、延べ宿泊者数(全体)は4億9819万人(前年比+1.2%)となり、外国人の宿泊者数(構成比15.7%)が全体を押し上げた。都道府県別の延べ宿泊者数では、「東京都」(5811万人)、「北海道」(3468万人)、「大阪府」(3270万人)、「千葉県」(2299万人)の上位4都道府県は前年と同一だった。

 同調査結果は↓
http://www.mlit.go.jp/common/001223432.pdf