2017年の税関における知的財産侵害物品の輸入差止件数は、前年比17.6%増の3万627件で、3年ぶりに3万件を超え、過去2番目の高水準だったことを、財務省がこのほど発表した。輸入差止点数は、50万6750点(前年比▲18.6%)。1日平均で、84件、1300点以上の知的財産侵害物品の輸入を差し止めていることになる。輸入差止価額は、正規品であった場合の推計で約113億円にのぼる。

 仕出国(地域)別にみると、輸入差止件数は、「中国」が2万8250件(構成比92.2%、前年比18.1%増)で、8年連続で9割を超え、次いで「香港」が828件(前年比15.5%増)、「フィリピン」が430件(同59.3%増)、「韓国」が322件(同▲24.6%)。輸入差止点数でも、「中国」が41万4946点(構成比81.9%、前年比11.0%増)と、件数、点数ともに中国を仕出しとするものの構成比が依然高くなっている。

 知的財産別にみると、輸入差止件数は、偽ブランド品などの「商標権侵害物品」が3万111件(構成比98.0%、前年比17.3%増)と大半を占め、次いでイヤホンなどの「意匠権侵害物品」が304件(同249.4%増)。輸入差止点数についても、「商標権侵害物品」が31万3314点(同61.8%、同▲23.4%減)で、大半を占める傾向は変わらないが、イヤホンなどの「意匠権侵害物品」が13万5135点(同26.7%、同1488.5%増)となり、大幅に増加した。

 品目別の輸入差止実績をみると、輸入差止件数は、財布やハンドバッグなどの「バッグ類」が1万2727件(構成比38.8%、前年比18.6%増)と全体の4割弱を占めて最も多く、次いで「衣類」が4581件(同14.0%、同18.3%増)、「靴類」が3974件(同12.1%、同51.9%増)、スマートフォンケースなどの「携帯電話及び付属品」が3633件(同11.1%、同▲18.7%)だった。

 また、品目別の輸入差止点数は、イヤホンなどの「電気製品」が11万6999点(構成比23.1%、前年比516.4%増)と大幅に増加し、次いでスマートフォンケースなどの「携帯電話及び付属品」が6万5085点(同12.8%、同▲13.0%)、プリンタ用インクカートリッジなどの「コンピュータ製品」が4万1944点(同8.3%、同▲78.5%)、「衣類」が4万671点(同8.0%、同13.8%増)だった。

 この件の詳細は↓
http://www.mof.go.jp/customs_tariff/trade/safe_society/chiteki/cy2017/20180302a.htm